…思い出に残る情景~(・風景の世界・道景世界・生き物の世界・花の世界)…

(自然大好き僕の楽園日和)一瞬の情景は二度と戻って来ないから撮り続ける・・・

田植え前の水田、仲良く散歩するタマシギ

        一妻多夫と言う玉鷸、少し変わった鳥のようです。
       撮影しながら観察していると、雌鳥に雄鳥が寄り添いなかがら
 歩く姿を観て居ると、その様な鳥とは思えないです。 
話によると雌が縄張り宣言や求愛を行い,雄の作った草むらの巣に産卵後
雄を残して姿を消し、また別の雄鳥と番いになる。残された雄は子育てに
励むと言う、なんと短い夫婦愛ですこと・・・
70321

71211
鳥と言えば、雄鳥がきらびやかで、雌鳥が地見な色をしているのが普通
ですが、玉鷸はまるで逆、派手色は雌・地見色は雄と言う変わりものだ・・・
71143

70984

70994

60211

69968

70346
OK



スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<田植え済みの早稲田、水田を囲む畔に玉鷸(雄鳥)・キアシシギ・ソリアシシギが一羽づついました。 | ホーム | 新緑の春、雛達の巣立ち・そして不安>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |