…思い出に残る情景~(・風景の世界・道景世界・生き物の世界・花の世界)…

(自然大好き僕の楽園日和)一瞬の情景は二度と戻って来ないから撮り続ける・・・

オオタカと出会って15日ぶりの再会・見ないうちにこんなに成長していた。


        初めて子育て中の大鷹家族に出会ったのは6月下旬の梅雨明け
前だった。  僕はそ雛達の行動に興味をもった。
初めて見た3羽の雛達は巣立ちはしていたものの、観察していると巣の上でバタバタ
飛ぶ練習をしたり,近くの小枝に止まっては直ぐに巣に戻るという繰り返しだった、
観察していても危なかしく、いつ落ちるのかはらはらして3羽を見ていた状態だった。
それいらい大鷹の住む森には行っていない、ど~成っているのかなぁー,
元気よく育っているかなぁー、思っているうちに15日が過ぎてしまった。
ようやっと時間が取れ、3回目のリベンジ撮影となった。
15日ぶりに現場に着くと、森から鷹の鳴き声がキュイー、キュイーと聞こえはじめた。
森のポイントまで歩き、待っていると2羽の雛達が飛んできて赤松の枝に止まった。
その姿は初めて見た雛とは、別鳥に見える程、若鳥に成長していた。
暫くすると残りの1羽も飛んできて、3の若鳥達は広い森を自由自在に飛び廻り、
時たまカラス達の群れを追いかけ遊び、又森の下界に降りては2羽で狩りの練習
等し、すきを見ては小鳥をおそい食していた。
連日猛暑日か続く昨今、今日も35度を越す猛暑日とあって2羽の若鳥は近くの
水たまりで水浴びをしあった、僕の撮影はココで終わった。
珍しく涼しい北風がふき、今日1日は撮影日和に成ってくれた。
22619
若鳥になったオオタカ雛鳥
22563
小鳥を食す若鳥
22669

22727

22736

22792

22494

21949

21956

21962

22208

22222
下界に降り、狩りの練習をする、オオタカ若鳥
22113

22099

22112

22379
水たまりで水浴びをする若鳥2羽
22404

22422
羽を乾かす若鳥1羽
ーネーム


















スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<アオバズク&ツミを撮影 | ホーム | 猛暑の中・ツミを撮る>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |