…思い出に残る情景~(・風景の世界・道景世界・生き物の世界・花の世界)…

(自然大好き僕の楽園日和)一瞬の情景は二度と戻って来ないから撮り続ける・・・

桜の残り花を見ると寂しくなる・・・

         川越に小川の流れるこじんまりした桜堤が有る、毎年様に桜の花が散る頃
        、数羽のコムクドリが渡って来ている、去年の資料を調べ,今年は少し遅
      いが、仕事の帰りに少し遠回りして寄ってみた。この場所も開花ピーク時に
は沢山の花見客で混雑していたんだろが、今日は寂しいもので、人っこ一
人見当たらなかった。車から降り、双眼鏡を持ちながら桜堤の下を行ったり
来たりしたが、コムクは見当たらなかった。仕方なく車に戻り横に成ってい
たが、疲れていたのか知らぬ間に、うとうと寝てしまい、気がついたら40分
が過ぎていた。起こされたのは桜の枝に止まって居たコムクドリのキュルキ
ュル・キュルキュルと聞こえる囀りだった。
7002
開花して約2週間、風にも負けず,雨にも負けず、数少ない残り花
7001
残り花の枝に止まり蜜を吸うコムクドリ、雄鳥6971
花弁が散り、赤いガクだけが残る桜樹の枝先に若葉が出ていた。
77029
コムクドリ(雌鳥)の止まる、桜樹の奇麗な若葉を観ていると力強さを感じる。
7046
枝に沢山の若葉が付きだした葉桜
7




スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<カエデの樹の枝にとまっていたオオルリ・なぜかカエデの若葉の色に良く似合う | ホーム | 桜が咲く季節なのに、田園の景色は未だ寂しい、しかしここが猛禽達の餌場に成っている様だ・・・>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |